忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 窓に頬杖をついた七代が、溜息を吐いた。悩める様子に「どうしたんだよ」と燈治が声をかける。
「バカみてえにのんきな奴がらしくねえな。悩み事があるなら、相談に乗るぜ?」
「壇……」
 七代は心配してくれる燈治に、くすりと笑みを零した。
「ありがとう」
「いいってことよ。俺とお前の仲だしな。で、何悩んでるんだ?」
「……実は」
 七代は指貫手袋を嵌められた右手をじっと見つめる。その下には隠者の刻印が刻まれていることを思い出し、燈治はやるせない思いになった。七代は普通なら持ちえぬ力を有している。それ故に、傷つくことがあったんじゃないか。燈治の身体が無意識に七代へ傾けられる。俺にやれることがあるなら、してやりたい。
 燈治の考えを裏付けるように、悲しく瞼を伏せた七代は左手で右の手をそっと摩った。
「おれ、どうしたらいいのかわからなくて」
「千馗」
「おれ……」
 七代は握り締めた両手を窓の桟に叩きつける。
「蒐のこと、頭撫でたいのに撫でれないんです……!」
「…………は?」
 燈治の眼が、点になった。蒐の頭が何だって?
「……なでりゃあいいじゃねえか。お前、そんなことで悩んでるのか?」
「そんなこと? そんなことってそんなことですか? そんなことでもおれは真剣に悩んでいるのに……!」
「そんなことそんなことって連呼すんな」
「わかってない。壇は何にも分かってない」
 七代は燈治を睨み、熱く語りだす。
「可愛い後輩は猫かわいがりしたいじゃないですか。頭とか、よしよしーってしたいじゃないですか。でも蒐は紙袋被ってるじゃないですか。紙袋は脆いの、撫でたらすぐぐちゃってなるの。分かる? 分かるよね?」
「ああ、まぁ、な」
 濁点ごとに迫ってくる七代に気圧され、燈治はかくかくと首ふり人形のごとく頷く。ここで余計な口を挟んだら、三倍になって跳ね返ることを燈治は知っていた。伊達にこいつの素っ頓狂な言動に一番長く付き合ってきた訳じゃない。
「蒐が四角を好むなら、あいつの被ってる紙袋をぐちゃってしたくないんです。四角じゃないってしょんぼりされたら、おれもしょんぼりしちゃいますし」
「……」
 どこから突っ込めばいいんだろうか。燈治は行き場のない手を軽く振る。とりあえず、全部に突っ込みたい。
「でも、撫でたい。撫でたいんです! あんな可愛い後輩可愛がれないなんてどういうことですか!?」
 震える右手首を左手で掴み嘆く七代に燈治は「俺に聞くなっ!」と喚いた。
「ああっ」と大げさに七代はふらふらよろめき、燈治から離れて涙を拭うしぐさを見せた。
「壇は冷たい。おれの悩みを聞いてくれるって言ったのに。一緒の風呂に入った仲なのに……」
 不機嫌に七代が唇を尖らせる。どっと疲れが押し寄せて、燈治は頭を押さえた。
「……お前がそういう素っ頓狂なことをしなかったら、もっと真剣に聞いてやる。それに蒐の紙袋が気になるんだったら、本人に聞いてみりゃいい話だろ。ほれ、あそこ」
 肩越しに燈治が立てた親指で差した先を七代が眼で追う。教室の出入り口から、そっとこちらを覗き込む四角の角が見える。
「蒐?」
 七代が呼ぶと、角はぴくりと震えて扉の向こうに隠れてしまった。しかし、気を取り直したかのようにまた現れ、ゆっくりと出てくる。
「千馗、センパイ」
 大切な四角がたくさん収められたファイルで口元の辺りを隠し、七代の前に立った蒐が「あのね」と小首を傾げた。
「センパイが僕を撫でてくれるの、四角い、よ」
「えっ?」
「確かに、この袋はぐしゃってなって、四角くなくなっちゃう、けど。センパイに撫でてもらえないほうが、三角、かな」
「そ、それって、蒐の頭撫でていいってこと?」
 照れているのか、俯きがちになる蒐の顔を覗き込み、七代が訊いた。
「うん」と僅かに、でも確かに蒐は頷く。
「センパイが僕を大切にしたいって気持ち、とても、四角い。四角いのなら、僕は、大歓迎、だよ」
「……蒐っ!」
 感極まった七代が、人目をはばからず両手を大きく広げ、蒐を抱きしめた。一足飛びの行動に「おい、千馗っ!」と燈治が声を荒げる。
 しかし七代はお構いなしだ。ぎゅうぎゅうに蒐を抱きしめ、今まで出来なかった分、蒐の頭を撫でる。がさがさと紙が擦れる音がしたが、蒐の口からは一つも文句が出てこない。
「かわいいなぁ、蒐はかわいいなぁ! また今度、一緒に四角を探すたびに出ような!」
「うん。センパイが一緒なら、どこでだって、いい四角、見つかるよ。だってセンパイがいい四角そのものだもの」
「――蒐!」
 思いがけない言葉に、感極まった七代は「蒐も四角いですよ!」と笑いながら蒐の頭を撫でる。被っていた紙袋は、もうすっかりでこぼこになっていた。
 でも。
「……ま、いいか」
 その様子を見て、燈治は七代を止めようと伸ばした手を戻した。
 燈治からは紙袋を被っている蒐がどんな表情をしているのかわからない。しかし、なんとなく、とても嬉しそうな顔をしているんじゃないかと思い、二人の様子をそっと見守った。



蒐かわいいよ蒐

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]