忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

熟語で100のお題
05 片手


 我が物顔で街を歩いていた野良悪魔を倒し、大地はほっとした。悪魔は、放っておくと無差別に建物を壊し、人に危害を加える。放っておくと甚大な被害を招きかねない。今日だっていつセプテントリオンが来襲するか判断がつかないことを思うと、目先の不安は取り除いておくに限る。
 大地は召喚アプリを起動させていた携帯電話を、制服のポケットにしまった。そして周囲を見回し、共に戦っていた仲間の無事を確かめる。
「おい、ジュンゴ! もう悪魔はいなくなったんだから下ろせよ!」
 わめき散らす声に、大地はぎょっとした。
 優輝が、純吾の肩に抱きかかえられていた。片手で軽々と荷物を抱えるように。もちろん優輝が大人しくしているわけがなく、手足をばたばたさせている。だが純吾は物ともせず「暴れちゃダメ」と優輝をたしなめた。
「おいおい、どうしたってんだよ」
 大地は慌てて二人の元へ駆け寄った。
「ダイチ! 助けてくれよ。ジュンゴが下ろしてくれないんだ」
 すぐさま優輝に助けを求められ、大地は困り顔で純吾を見やった。
「ジュンゴ……。こいつこのままだと暴れ続けるばっかりだし、下ろしてやってよ。じゃないとジュンゴが危ないし」
「何だよその言い方!」
 大地から遠まわしに危険物扱いされ、優輝が抗議する。
「いやだってさぁ、そんなに手足ばたつかせたら痛いのはぶつかったジュンゴじゃん。それに暴れてるから余計に下ろせないだろ」
 振り回す手足が当たった痛みで落としたら、優輝も怪我をするだろう。純吾はそうさせないために抱えたままでいるんじゃないか。
 純吾の味方に立つ大地に、優輝は不満そうにむくれた。まるっきり子供の拗ねかただ。
「ジュンゴ、平気だよ。当たっても痛くない」
 やんわりと純吾が優輝の擁護に立った。
「それに優輝軽い。もっと食べなきゃ」
「余計なお世話だ! 離せって!」
 再び暴れだした優輝に、純吾は「ダメ」と首を振る。
「優輝下ろしたら、逃げちゃう。ジュンゴ、それはいや」
「俺の意見は無視かよ! ――ダイチ!」
 助けを切望する目を優輝から向けられた大地は、にへらと笑い両手を合わせた。悪い。たぶん、俺には荷が大きすぎるわ、コレ。
 そそくさと逃げる大地に目をむき「この薄情者!」と優輝が叫ぶ。
「暴れちゃダメ。優輝足怪我してるから、ジプスに戻るまでこのまま」
「これぐらい平気だっての。バカ、下ろせって、いい加減に――」
 もがく優輝をそのままに、純吾は「先に戻ってるね」と大地へ言い残して歩き出す。悠然としている純吾を、大地は尊敬せずにはいられなかった。長年の付き合いでも手を焼くことがある幼なじみを、こうも簡単に抑えつけるとは。優輝からすれば厄介なことこの上ないだろうけど。
 でも、あそこまで慌てる優輝見られるなんて思わなかったな。そう思いながら、大地も二人の後を追う。荒ぶる幼なじみを落ち着かせるのに、少しでも人数がいたほうがいいだろうから。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
|  HOME  |   アキハル >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]