忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




「戻ってきましたー」
 暢気な声とは裏腹にふらつく足取りをした七代が、ドッグタグの扉を潜った。
 彼の足音に店の隅で寝そべっていたドッグタグの看板犬が、すぐさま起きて駆け寄る。足にじゃれて出迎えられ七代は微笑み「ただいま、カナエさん」と腰を屈めてカナエさんの頭を撫でた。
 すぐに身体を起こした七代はカナエさんを伴い「マスター、お願いします」とカウンター席に就く。洗った食器を拭き磨いていた澁川は静かにカップを流し台に置き、静かに頷く。
「……まだやるつもりかよ」
 今日四度目になるやりとりを、燈治はテーブル席から苦々しい顔で見ていた。とっくに食べ終わって空になったカレー皿を脇に置き、椅子にもたれて腕組みをする。
 澁川と話し込む七代の横顔は疲労しているように見えた。当たり前だ。ここ最近ずっと洞に潜ってはクエストを休む間もなくこなし続けている。このままでは倒れるのも時間の問題だ。ただでさえ身体が細いのに。
 燈治は席を立ち、新たな依頼を選んでいる七代の隣へ乱暴に座りなおした。カウンターへ腕を伸ばし「今日はこの辺でやめとけ」と置かれていた依頼リストを取り上げる。
「あっ、何するんですか」
 仕事を奪われ七代は抗議した。だが燈治も引かず「根詰めてぶっ倒れたら元も子もねーだろ」と言い返し、リストを澁川に戻す。
 澁川は何も言わず、リストを受け取った。黙っているが、澁川も七代の体調をおもんばかっているんだろう。
 どうして自分の価値を七代は自覚しないのか。ほら、ここにも心配してくれる人がいるのに。
「お金が足りない今ががんばり時なんですって」
「それでも駄目だ。いい加減休め」
「任務にも差し支えますし」
「俺が同行すれば百人力だろ」
「でも……」
 しかし頑として七代は首を縦に振らない。燈治は苛々し始める。俺だって、マスターだって心配している。穂坂や飛坂や、倒れたらお前のことを心配する奴がたくさんいる。それなのに、どうしてそこまで無理をするんだ。
 何より――一人で全部抱え込もうとしている性根が気に食わない。
 ならばこっちも強引に事を進めさせてもらおう。
「いいから休め」
 燈治は立ち上がり、七代の肩を掴んだ。引っ張られ目を白黒させる七代に「送ってってやるから今日は帰るぞ」と返事も聞かず店を出る。
「ちょ、まって、おれはまだ――」
「いいから帰っぞ!」
「……気をつけてな」
 隻眼を柔和に細め、騒がしくドアを潜る二人を澁川は見送る。きゅうんと鼻を鳴らし寂しそうなカナエさんを見下ろして「今度来たときは何か栄養のつくものを七代に出すか……」と呟いた。


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]