忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 珍しく立場が逆になった。燈治は欄干に凭れて屋上の景色を眺める七代を見つけた。ぼんやりとしている背中は動かない。
「よぉ」と声をかけ近寄ると、ぴくりと肩を上げた七代がこちらを向いた。いきなり呼ばれた目が丸くなる。
「壇」
「羽鳥先生、驚いてたぜ。まさかお前が現国サボるなんてよ」
「おれだってそういう気分の時ぐらいありますよ」
 溜息混じりに言い、七代は顔を前に戻す。近付いて隣に立った燈治は、頬杖を突く横顔の物憂さに眉を潜める。
 うまい言葉が思い浮かばず黙ったまま冬の風に吹かれた。こんな時自分の口下手がもどかしくなる。
「……すいません」
 七代が頬杖を外して身体ごと燈治に向き合った。
「八つ当たりしてしまいました?」
「八つ当たり?」
「モヤモヤしているからってそれを人にぶつけるのは違いますよね」
 苦笑する七代の表情は、常日頃見せている芒洋とした柔らかさが欠けていた。それを埋めるように寂しさが表情に映る。
「本当に、どうでもいいことなんですよ。取るに足らないことなので……。後でちゃんと羽鳥先生にも謝ってきますから。だから」
 もうちょっとだけたそがれさせてください。苦笑いのまま七代は言った。暗に一人にさせてほしい、と言葉に滲ませている。
 覚えのある感情が燈治の胸によぎる。七代が転校した当初は、屋上にやってきた彼をそれとなく教室に戻らせるよう促していた。七代をきらっているわけではない。ただ近くに誰かがいることが煩わしくて。
 相棒を自負していても、まだ七代と出会ってから一ヶ月と半分しか経っていない。心の内側の踏み込めない部分もあるのだと認識し、複雑な心境になった。
 ここで無理をしても傷つけてしまうだろう。燈治は「わかった。でも風邪引くからあんまり長居すんなよ」と一度七代の肩をぽんと叩いた。そのまま頭を小さく撫で離れる。
「それから覚えておけよお前には俺がいる。もっと頼って……くれよ」
 七代が小さく頷く。名残惜しさを感じつつ、燈治は校舎へ戻った。
 扉を潜り、後ろを振り向く。再びぼんやり景色を眺める七代に、今度の休憩時間も会いに行こうと燈治は強く思った。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]