忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



本当はつれてけ、というお台が先だったんですが、失念して順番が前後してます。


 未だにらみ合う燈治と義王から離れた七代は、招かれるまま絢人の右隣へ腰を落ち着けた。迷わず席を選んだ七代に、御霧が無言で眼鏡を押し上げる。レンズの向こう側では、怜悧な視線が警戒するように絢人を捕らえていた。
 しかし絢人は唇をたわめて笑い、それを受け流す。そして「相変わらず賑やかだね、君の周りは」と七代に笑みを向け澁川にフレンチトーストを注文する。
「……わかった」と頷き調理にかかる澁川を見て「え、本当にいいんですか?」と七代は困惑気味で絢人に尋ねる。
「奢ってもらうなんて……」
「いいよ。これは僕が勝手にしたことだしね。節約してるんだろう? だけど粗食ばかりじゃ君の身体が保たないと思うんだけど」
「でも……」
 絢人の言うとおり節約はしている。しかしそれを他人に使わせてまで遂行したくない。困惑し頷けないままの七代に、絢人は優しく笑うと「ならこうしようか」と提案した。
「少しばかり僕の話し相手になってくれないか?」
「話し相手?」
「君の話はとても興味深いものが多い。それに貴重な情報が手に入るまたとない機会だ。それらの価値を考えると、君に奢る金額なんて些細なものだよ」
「待て」と御霧が話に割り込み、席を立った。
「ならば俺も混ぜてもらおうか」
 七代の左隣に座る御霧に「じゃあ鹿島も七代に何か奢らないと」と肩を軽く竦める。
「……致し方あるまい」
「え? ええ?」
 あっさり了承した御霧に、七代は困惑の色を濃くした。同じ情報屋として御霧は絢人を苦手に感じているはずだ。素直に言うことを聞くとは思わなかった。
「千馗。好きなものを選べ。どうせなら後で食べれるようなものにしてもいいぞ」
 メニューを押しつけられ、どうしよう、と七代は困る。おれは二人を満足させられるような話題なんてないのに。
「おい、テメェら」
 すると今度は後ろから剣呑な声が飛んでくる。振り向いた先に怒りを隠さない燈治が立っていた。
「よってたかって千馗を困らせてんじゃねえよ」
「それは心外だな」
 燈治に睨まれても絢人は涼しい表情のままだ。
「壇だって千馗君を困らせているじゃないか。少しは時と場所を考えるべきだと僕は思うけどね」
「不本意だが、俺も香ノ巣と同意見だ」
 同じ情報屋として敵対心を持っている御霧は、渋々と頷き呆れ気味に燈治を振り返る。
「……大体義王はどこに行ったんだ?」
「アイツならさっき出ていったぜ。これから春の洞で勝負だ」
 血気盛んに言う燈治に「飽きませんねえ」と七代が呆気に取られた。
「馬鹿の一つ覚えだな」
 御霧が鼻で笑い、そして絢人は「まあ、そういうところは君たちの美徳でもあるよね。ちっとも羨ましくないけど」と棘のある言葉を向ける。二人のすげない反応に「言ってろ」と燈治は鼻を鳴らした。
「なあ千馗、ソイツらと話してねえで審判頼むぜ」
「ええ? またですか?」
 燈治と義王の勝負が始まればかなりの確率で七代が審判にされてしまう。他の誰かがやるよりもお前がやる方が互いにまだ納得できる。そう二人に言われているが、正直七代は振り回されていた。
 だけど、燈治と義王だと嫌がっても連行されるのが関の山。それになんだかんだ言っても、例え振り回されても、それを楽しんでしまう時点で七代には断る理由がなかった。
「……しょうがないですねえ。マスター、フレンチトーストはもうできてますか?」
「持って洞で食べれるように包んでやろう」
 意を汲んだ澁川が言い「ありがとうございます」と七代はキッチンに向かって礼を述べた。まだ少し残っていたカレーを急いで食べ、グラスの水をあおぐ。
「絢人、ごめんなさい」
「いいよ。それも君らしいと僕は思うからね。気をつけて」
「はい!」
 マスターからフレンチトーストの包みを受け取り、カレーライスの代金を支払った七代は、燈治と共にドッグタグを走って出ていった。賑やかだった店内が一気に静まり、澁川が「……静かなのも落ち着かなくなったな」と小さく微笑む。
「全くアイツ等は……馬鹿の集団だな」
 また面倒事を、と舌打ちする御霧に絢人は笑う。
「だったら、彼らの――千馗君の仲間である僕たちも馬鹿だね」
「お前みたいな変態と一緒にするな!!」
 一くくりにされる屈辱に怒鳴った御霧は、苛々しながら開いたパソコンのキーボードを乱暴に叩いた。



拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]