忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 校舎の壁に沿って校庭を歩いていた燈治の真上から「だーんっ!」と声が聞こえた。反射的に空を仰ぐと、二階の窓から身を乗り出して七代が手を振っている。かと思えば、突然窓の桟に足を乗せた。
「おまっ」
 慌てる燈治に七代は笑い「抱き止めてくださいね! ――そりゃ」と宙に身体を踊らせ、飛び降りる。
「――っ!」
 落ちてくる身体を燈治は伸ばした両腕で受け止めた。ずん、とのし掛かる重みを膝を曲げて衝撃を和らげ、負担なく受け入れる。
「ふふふ、壇ならやってくれると信じてましたよ」
 横抱きの格好で七代は笑い、燈治の首に腕を回す。首筋にもたれ胸にすり寄る頭に、燈治は無言で七代を降ろした。身体が離れ、不思議そうに首を傾げる七代の頭へ固めた拳を振り降ろす。
 ごん、と鈍い音がして「あたっ」と七代は頭を押さえ、後ろへ一歩よろめいた。
「な、何するんですか」
「いきなり飛び出してきて危ねえだろ! 受け止められなかったらどうするつもりだったんだ」
 二階でも十分な高さだ。下手をすれば骨折だってあり得る。
「お前一人の身体じゃないんだしよ……。怪我したら心配する奴が大勢いるんだ。そこらへん、もうちょっと自覚してくれ」
「……ごめんなさい」
 軽率だった行動に、七代は肩を落として謝った。しょげている表情に「わかればそれでいいんだ」と燈治は柔らかく笑う。さっき頭を叩いたばかりの拳を緩め、今度は優しく七代の額を小突く。
「行こうぜ。今日は花園神社の洞だろ」
 言いながら歩き出す燈治を「あっ、待ってくださいって!」と七代が追いかける。急ぐ足音を聞きながら、全くこいつといると忙しくってしょうがねえ、と思う燈治の口元はそれを楽しむように笑っていた。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]