忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

熟語で100のお題
00 洗脳

※村田捏造注意


 手の上でスプーンを一回転させ、しらすカレーをすくう。口に運べばほどよい辛さが喉元を通り抜けた。
 胡坐をかいた村田の前にあるのは、モニターが数台。かつてと同じように、江ノ島のさまざまな場所を映し出している。天候もよく、暖かな日差しが落ちる仲見世通りでは住人や観光客で賑やかだ。
 他も特に騒ぎが起きている様子はない。平和そのもの。
 ――ぶっちゃけ、ヒマだ。
 カレーを食べながら、村田は周囲を見回す。後ろでは田中が同じように食事をとっていた。彼の巨体に、座っているスツールがやけに小さく見える。その反対側では鈴木、佐藤と顔なじみが揃っている。ただ一人、本部に戻ってしまったかつての上司以外は。
 村田は以前江ノ島で起きたバミューダシンドロームの件を思い出す。そして、上司――アキラのことを。

 後ろから銃を突きつけた時、振り返った上司は信じられないものを見るような目をしていた。これまで宇宙人は警戒すべきだ、敵だ、と声高に言っていたのが嘘みたいにJF1を擁護している姿が滑稽に見えた。これは、宇宙人に洗脳されたものの眼だ。――そう、思っていた。
 だが、それも今では違っていたのではないかと考えている。
「あ」
 モニターの一つに映った二つの人影に、村田は目が釘付けになった。
 ヘミングウェイ内部に取り付けられたカメラの映像。そこに上司とかつての監視対象だった宇宙人が揃って来店した。まるで仲の良さを見せつけるように、宇宙人が上司の腕に手を絡めている。上司も上司で恥ずかしそうにしながらも、振り払う素振りを全く見せない。そしてそれを周りはごく当たり前のように受け入れている。
 二人は店主の案内で、カウンター席に座った。仲良く隣同士。手早く注文を済ませ、談笑している。
 笑う上司の表情に、かつてJF1を毛嫌いしていた頃の面影は欠片もなかった。険がとれた感じとでも言うんだろうか。肩の力が抜けて緩んだ顔をしている。
 村田は、上司もそんな風に笑うんだと初めて知った。組織ではいつも厳しい顔をして、とにかく任務をこなし上を目指すことしか考えていないような人だったから。
 角が取れ、柔らかな視線を向ける先にはあの宇宙人。楽しそうに話す宇宙人の声に耳を傾け、相槌を打っている。
 銃を上司に突き付けた時、驚きの表情を見て村田は「これは完全に宇宙人に洗脳されたな」と思っていた。しかし今は、それが違うと考えている。
 これは洗脳って言うより、魅了されてるって感じ、だよな。
 すっかり宇宙人に心奪われてしまった上司が映るモニターから村田は顔をそむける。これ以上見てたら、せっかくのカレーが甘さで台無しになりそうだったから。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]