忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 アキラはユキの部屋から拝借した釣り雑誌を、リビングのソファに座って読んでいた。今話題の釣りポイントや、注目されているルアーの紹介。読んでいるだけで釣りがしたくなるのはアングラーとしての性分か。
 時間が空いたらちょっと行こうかな。ぼんやりアキラが考えていると、リビングにやってきたハルがアキラに気付いて「何読んでるの?」と近づいた。
「雑誌だよ。釣りの」
「釣り!? ぼくも見たい! 見せて!!」
「ユキの部屋に行けば他にもあるから行って来い」
「ぼくアキラが読んでるのがよーみーたーいーっ!」
「お前……それどっかのガキ大将理論みたいじゃないか」
 アキラはあっけに取られてハルを見た。俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの。そう声高に告げるアニメキャラの顔が浮かんで消える。
「みーせーてー、アキラみせてよ~」
 ハルはせがんでアキラの服をぐいぐいと引っ張る。生地が伸びたらたまったもんじゃない。アキラは「わかったからその手を離せ!」と折れた。
 ハルは「わーい!」と両手を大きく広げて喜び――不意にアキラが座るソファの上に登る。疑問符を頭に浮かべたアキラの足の上に、ハルは腰を落ち着けた。
 驚いて瞬きをするアキラを振り返り「これなら二人で見れるよ」とハルは名案を思い付いてしたり顔だ。アキラからすれば、これこそたまったもんじゃなかったが。
 胸に凭れるハルの背中。ふわふわの髪がアキラの頬をくすぐる。腕だってちょっと動かせばハルに触れられる至近距離。――密着。密着してるっつの!!
「ねえ、アキラ。この本江の島出てる? めくってめくって」
 遠慮なく体重をかけながら、ハルは催促する。
「あー……はいはい」
 甘えるハルに請われるまま、アキラは雑誌のページをめくる。しかし中身はまったく頭に入らず、ひたすら感じるハルの感触の方に意識が集中してしまった。

5つの甘やかし【2、本をめくってあげる】

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]