忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 真田邸リビング。ソファの上にハルが膝を立てて座っている。その横に、アキラが座っていた。二人の間にはティッシュが数枚端を重ねるように広がっている。
「あんまり伸ばすと誰かが怪我するかもしれないからな。ハルもユキに怪我させるのはいやだろ?」
「うん。ヤだ」
「だからそれを前もって防止するんだ。ハル、手を出してくれ」
「はい」とハルは素直に右手をアキラに出した。その手を取ってみると、爪が大分伸びている。
 アキラはテーブルに置いていた爪切りを持つ。
「皮膚を切ってしまうかもしれないから動くなよ」
 こくこくと頷くハルの爪を、アキラは丁寧に切っていく。ハルに怪我をさせないよう、細心の注意を払いながら。
 ぱちりぱちりと音がする。伸びた爪が、敷かれたティッシュの上へ落ちていった。
 一本ずつ爪が整えられていくさまを、ハルは珍しそうに見ている。
「ねえ、アキラ。これでユキが怪我したりしない?」
「まあお前の伸びすぎた爪ですることはないな。だが、また伸びてくるだろうからさっきの長さになったらまた言えよ」
「アキラが切ってくれるの?」
「ああ」
「でもアキラ、任務でいないときもある。そんな時はどうしたらいい?」
「……それでも連絡しろ。飛んできてやるよ」
「本当?」
 ハルがうつむきがちで爪を切るアキラを見た。
「でもタイヘンじゃない? ユキ言ってたよ。アキラは地球のあっちこっちに行ってるって。地球はおっきい。戻ってくるの、タイヘンだよ」
「それでも、だ。俺に言え」
 アキラはハルに念押しする。最近ハルの面倒を見てばかりで、他のやつらにされるのが癪に思えてきた。だったら多少の苦労がなんだ。それぐらい背負ってやるさ。それで、ハルの近くにいられるならな。
「そっか。うん、わかった。また伸びてきたらアキラに言うね」
「それでいい。――終わったぞ」
 アキラは爪切りをテーブルに置いた。続いて爪やすりで形を整えられ、ハルの指先は綺麗になっていく。最後に切られた爪を丸めたティッシュもろともごみ箱に捨てられ、作業は終わった。
「ありがとう、アキラ」
 礼を言ってはにかむハルに「どういたしまして」とアキラも微笑む。
「それに、これは俺の為でもあるからな」
「アキラのため?」
「ああ、何度も背中を引っ掻かれちゃ、治るものも治らないし、な」
 後ろ手に背中をさすり、アキラは含み笑う。
 
「背中?」とハルは首をひねる。無意識だから、覚えてないのは当然だ。俺を受け入れる時の苦しさで、しがみつくのでもう必死だろうし。
「なんでもない」とアキラは笑う。
「それと、約束だからな。ちゃんと俺を呼べよ。他の奴にさせるなよ」
「わかった!」
 元気よく返事をするハルに、アキラも自然な笑顔を浮かべた。


5つの甘やかし【5、ツメを切ってあげる】


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]