忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それっぽい壇主を書いてみた



 十月最後の日。
 昼食を終えて短い昼寝にしゃれ込もうとした壇燈治は、構内へ続く扉の向こうからばたばたと騒がしい足音を聞いた。さび付いた鉄扉が耳障りな音を立てて開く。屋上の固い石床に寝そべる燈治を見るなり、「もうひどいじゃないですか」と紙袋片手に七代千馗が開口一番で非難した。
「助けてって言ってるのわかってたでしょう?」
 大股で近づき枕元にしゃがんだ七代に「俺が入ってもどうしようもねえだろ」と燈治は欠伸をかみ殺した。午前の授業が終わり、屋上に向かう燈治に七代も続こうとしたが、クラスメートの女子に阻まれてしまった。しかも一人ではなく数人で。
 物腰が基本穏やかである七代は押し切れない。助けを求めるように七代が視線を向けたが、燈治はひらりと手を振って教室を後にした。
 もともと教室の空気にはなじめない質だ。それに妹がいるせいか同じ年頃の女子の扱いが苦手なのもある。
 七代は転校してきたばかりだが、クラスメートにはそこそこ人気がある。――主に女子から。余程のことがない限り、うまく逃げられるだろう。
「むう」とむくれ、七代は一旦立つと燈治の隣へ移動して腰を落ち着けた。
「それで」
 交差した腕を枕にし、燈治は「アイツら、お前に何の用事だったんだ
?」と訊いた。
「ああ……ハロウィンですよ」
「ハロウィン?」
「壇だって知ってるでしょう? Trick or treat お菓子くれなきゃいたずらするぞのハロウィンですよ」
「いやそれぐらいは知ってるけどよ……。それとアイツらに呼び止められたのとどういう関係が……」
 ある一つの可能性を思い浮かべ、燈治は目を見張る。手を突いて起きあがり「まさかお前何かされたのか?」と焦って尋ねた。
 七代は個包装のチョコや飴など、駄菓子を持ってきている。それを狙って女子たちが話しかけたのではないか。
 七代は小さく頭を振った。
「いえ……何かされたって言うより……逆にもらっちゃったんですけど……」と七代は中が見えるように紙袋の口を燈治に見せた。
 カボチャや可愛らしくデフォルメされた幽霊やコウモリの絵が散りばめられた包装紙。マシュマロや手のひらサイズのクッキー。一目見ただけでハロウィンを連想させるものがぎっしり入っている。
 拍子抜けした燈治は「……良かったじゃねえか」と呟き、再び横になる。一瞬膨れかけた不安はもう萎んでしまった。
「普通は言われた方があげるものじゃないんですっけ?」
 首を捻る七代は紙袋に手を入れ、クッキーを取り出した。手のひらほどの大きさで、カボチャの形をしている。ひょうきんな表情をしているそれをじっと見つめ「ハロウィンには馴染みがないんですけど……このままもらってもいいものなんでしょうか……」と七代は少し途方に暮れた顔をした。
「いいだろ。もらっとけもらっとけ」
 燈治はおざなりに答えた。何となく女子たちの意図が分かったからだ。
 高校三年ともなれば来年のバレンタインデーのあたりはもう自由登校になっているだろう。それ以外でおおっぴらにプレゼントをする機会なんてハロウィンぐらいしか燈治には考えられなかった。つまり昼休みに入るなり七代に駆け寄った女子らは、彼に何らかの好意を持っている。菓子を渡してきっかけを作り、もっと話す機会がほしいんじゃないかと思った。
 ――これは燈治の勝手な推測でしかないが、遠からず当たっているだろう。
「まあおれとしても昼ご飯代が浮くのはうれしいですけどね。……壇も食べます?」
 七代がチョコレートの包みを開けて、寝ている燈治の唇へ乗せた。押しつけるあたり拒否権なしだろ。憮然としながらゆっくり唇を開く。くちの間からチョコレートが咥内へ落ちる。まさか食べるとは思わなかったのか、チョコレートを摘んだままだった七代の指も一緒に食んでしまった。
 唇に指を挟まれ「うわぁっ」と素早く手を戻した七代が、真っ赤な顔をして指をさすった。
 口の中のチョコレートよりも七代の表情の方がよほど甘そうだ。見当はずれなことを考え、燈治は溶けかけたチョコレートを飲み込んだ。


拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]