忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一日過ぎましたけどクリスマス小話です
時間軸はエンディング後



 ドッグタグで開かれたパーティーが終わり、店内はわずかな熱気を余韻として残し、静けさを取り戻していた。さっきまでの賑やかさが嘘のようだ。
「はぁ、楽しかったですね」
 余韻を惜しむような息をつき、七代が一つに固められたテーブルの皿を重ねて纏める。
「だな」と厨房から出てきた燈治が、七代の手伝いに入った。明るい緑のエプロンは、彼がドッグタグのアルバイトには行っている証だ。
「ま、あのメンバーじゃ騒がしくならない方がおかしいだろうしな」
「嘉門とか、ミカみゅんさんとかいますもんね……。ミカみゅんさんは幸徳路に怒られてましたけど」
「その点じゃ鹿島も大変だな。パーティ中、ずっと鬼丸とアンジーを注意したところしか見た覚えがないしよ」
「御霧のアレはもう性分だと思いますけどね……」
 パーティの出来事を楽しく語り合い、片づけた食器を二人して厨房に持っていく。入れ違いで「俺は店内の掃除をしてこよう」と澁川が店内へ足を向けた。
「壇はそのまま洗い物を頼む。千馗は……ゆっくりしていてもいいんだが」
 従業員でもないのだから、と含んだ澁川の言葉に「いいんです」と七代は首を振った。
「マスターには今日ここを貸し切りにしてもらったお礼もありますし。それに何かじっとしているのもったいないから。これぐらいはさせてください」
「……そうか」
 澁川は目尻に皺を寄せ「では、店内の掃除が終わったらコーヒーを煎れて待っていよう」と厨房を後にした。恐らく、澁川なりに気を使ってくれたんだろう。
「……だってよ。さっさと洗って終わらせるか」
 腕まくりをする燈治に「はい」と明るく笑って七代もそれを真似る。
 水場はそんなに大きくない。だから役割を分担して片づけを始めた。燈治が食器を洗い、七代がそれを布で拭いて、大きさごとに分けて重ねていく。
「でもよかった。突然パーティにするって決めたのに。皆来てくれて」
 手が滑って皿を落とさないよう、慎重に拭きながら七代が言った。今回のパーティーはほんの数日前に決められた。急に決めたものだから、仲間にはメールでクリスマスに来れそうな人はドッグタグへ、とメールを送るのみ。
 いきなりだったし、来られない人もいるかも、と七代は前もって計画しなかったことを悔やんでいた。だがそれは、まったくの杞憂で終わった。
 当日、ドッグタグへ次々に集まる仲間たち。誰一人欠けることなく集まり、誰もが楽しい時間を過ごした。
「そりゃ、お前からのお誘いだからな」
 泡立てたスポンジを手に燈治は軽く肩を竦める。
「何があっても、どんなに遠い場所にいても来るだろ」
「来るだろって……そんな軽く」
 発言を疑う七代に、燈治は「アンジーは来ただろ。あいつ外国にいたのに」と返した。
 メールをよこした翌日に日本に到着したアンジーは「ダッテ、チーフのお誘いダモン!」と言っていた。無邪気な笑みは毒気が抜けそうなほどに朗らかだった。
「それに地方で任務だったはずの武藤だって、来たじゃねえか」
 まだ任務は終わっていないけど、と言いながらも七代に誘われたから時間を縫ってやってきたいちる。明日も早いから、と言いながらもぎりぎりの時間までパーティに参加してくれた。
「新幹線の時間に間に合ってるといいですけど。……もっと色々話したかったな」
「また任務が終わったらゆっくり話せばいいだろ」
「ですね」
 話しながら、互いに手を動かし続ける。言葉は途切れずに会話は続いて、気がつけばもう洗い物は終わってしまった。
 タオルで手の水気を拭き取る燈治に「これ、どこにしまえばいいですか?」と綺麗になった食器を見て七代が尋ねる。流石に店員ではない最後まで七代にやらせる訳にもいかない。燈治は「俺がするから」と言い渡し、さっさと食器を棚にしまい始めた。
「お前は店に戻れよ。マスターが待ってるからな」
 店内の掃除も終わったんだろう。店に続く扉から、煎れたての香ばしいコーヒーの香りがした。
 しかし七代は「行くのなら一緒がいいです」と首を振り動かない。物腰は穏やかだが、七代は結構頑固だ。だから燈治もそれ以上行かせようとせず「じゃあさっさと片づけるから待ってろよ」と返した。
「はい」とほっとした顔で七代が頷く。食器を片づける燈治を見ながら、壁にもたれた。
「……今頃みんな、思い思いにすごしているんですよね、クリスマス」
 七代が宙を仰いで、ふと呟く。
「義王はこれから御霧とアンジーと手下どもでバカ騒ぎだ!って張り切ってましたし。会長も弥紀と一緒に行っちゃいましたし」
「お前……」
 大皿を仕舞い、燈治は七代を振り返る。
「もう飛坂は生徒会長じゃないぞ」
「おれにとっては、会長はいつまでも会長なのです」
「……ま、気持ちは分かるけどな」
 高校時代の呼び方が抜けない七代に思わず同調し、燈治はふと思った。こうして普通に七代と話しているけれど、これはもの凄いことなんじゃないかと。
 去年の今頃、燈治はずっと悩んでいた。どうすれば七代を死なせずにすむのか。そればかり考えてた。
 彼に課せられた呪言花札の執行者の末路――。封印の為の死。燈治にとってはどんなものにも変えられない大切な者を喪ってしまう現実にあがいていた。
 本当に、本当に怖くて――。
「――燈治さん」
 顔が強ばってしまった燈治の元へ七代が近づき、ぽんぽん、と背中を叩いた。
 にっこりと七代は微笑む。
「呪言花札のことは全部終わったんですよ。――おれは、ちゃんと燈治さんの隣に、いますよ」
「――だな」
 もたれかかる七代の髪が頬に触れる。柔らかなその感触に、燈治の頬は自然とゆるんだ。
「俺にとっては、こうしてお前がそばにいるだけで十分クリスマスプレゼントだな」
「うん」と七代は嬉しそうに笑う。
「おれも……ですよ」
 無言で瞼を閉じる七代に応え、燈治は彼の顎を右手ですくい上げその口を優しく塞ぐ。
「ん……」
 身じろぐ七代が少し苦しそうな声を上げた。そして下からは、ぱたぱたという物音。
「――ん?」
 唇を離し、燈治と七代は揃って下を見た。
 カナエさんが、行儀よく座り尻尾を振って二人を見上げている。吠えずに待っていたのは、カナエさんなりの気遣いだろうか。
「……」
 それでもやっている行為の意味を理解しているようなカナエさんに、七代は頬を染め、ぱっと身体を離す。犬に見られたぐらいで、と燈治は少し不満だったけど、すぐに考え直した。後は帰ってから続きをすれば問題はない。
 カナエさんが立ち上がり、七代の足にすり寄った。甘えるカナエさんを優しく抱き上げる七代に「戻るか」と燈治がエプロンの紐を解いた。
「マスターも待ってるしな」
 ぽん、と軽く七代の頭を叩く。
「そ、そうですね……」
 つ、続きはまた後で。
 そうとても小さな声で呟き、七代は燈治に背を向けてさっさとカナエさんを抱き上げたまま澁川の待つ店内へと向かった。そそくさと去る七代の耳は、真っ赤になっている。
「……考えることは一緒だな」
 燈治は小さく笑い、脱いだエプロンを手に七代の後を追う。
 店内に広がるコーヒーの匂いを吸い込んで、燈治はこれから過ごす二人の夜に思いを馳せた。
 仲間で過ごすのは楽しい。だけど、やっぱり特別な日は七代と二人きりで過ごしたくもある。
 せっかくの両想い。長い時間をかけてそれを確かめたいから。



拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]