忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 寄せた顔は、唇が重なる寸前で止まった。
「……おい」
「なんですか?」
「なんで、目を開けてるんだ。お前」
「ええっと……、ダメです?」
 困惑気味で尋ねる七代の表情を間近で見つめていた燈治は、物憂げな息を吐くと同時に距離を取った。ダメなわけではない。だが、こっちは目を閉じていて、七代は瞼を上げたまま。想像するとこっちが間抜けっぽく見えてしまう。
 内心が透ける燈治の反応に「ご、ごめんなさい」と七代が肩を小さくした。
「でも、目を閉じちゃうと……気配感じてつい緊張しちゃって」
 誤魔化すように笑い、七代は両手の指を弄ぶ。
「だから、壇の顔見れるんなら目を開けたままでもいいかなーって」
「バカなこと言ってんじゃねえよ……」
 一歩ずれている七代に、燈治はどっと疲れてしまった。緊張感も、ムードもあったもんじゃない。気力が萎えてしまった状態の燈治に、七代もまずいと思ったようだ。両手を握りしめ、意を決したように言った。
「えっと、えっと……じゃあ、触れる寸前宣言してくれませんか。そうしたら、おれも、ですね、心の準備が出来るって言うか! ええ!」
「……本当だな」
「も、もちろんですとも!」
「なら、お言葉に甘えるとすっか。……七代」
 気を取り直して燈治は七代の両肩を掴んだ。その力強さに身体が跳ねた七代は「ひゃい!?」と上擦った声を上げる。がちがちに固まってしまった状態に敢えて目をつむり、燈治は「目、閉じろよ」と命令した。
「……は、はいっ」
 七代はぎゅっと瞼を閉じたが、力が入りすぎていた。唇もまた力一杯に引き結ばれている。
 それでも逃げない七代に、燈治はさっきまでの気落ちも忘れて、小さく笑った。右手を頬へ滑らせ、手のひらを這わせる。
「……いいか?」
 問いに七代はこくこくと頷いた。準備は万端だと気配で必死に訴えているが、緊張は解けていないのは明白だ。
 燈治は七代の唇を親指の腹で撫でた。すると一際大きく七代の肩が跳ねる。
 だから燈治は少しでも早く七代の緊張がとけるよう、閉じられた瞼に柔らかく唇を押し当てた。
 今度こそキスが出来るようにと懇願の意も含めて。


キスを落とす25箇所(04:閉じた目の上に)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 花主   |  HOME  |   紅蒼 >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]