忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 じっと見つめる視線が刺さる。教室で燈治は食べかけていたパンを下ろした。
 七代もその手の動きに合わせて、視線を下ろす。物欲しそうな目。燈治は瞬時に状況を理解した。
「……お前、また昼メシがチョコだけとは言わねえよな?」
「失敬な。ちゃんとチョコ以外のものも食べましたよ」
「……何だよ、それは」
 真実味がない返しに、燈治はつい尋ねた。でも嫌な予感しかしない。
「校長室から取ってきたうまい棒と進路指導室から取ってきたおつまみイカを」
「馬鹿、それはチョコだけ食ったのとあんまり代わり映えしねえだろ」
 全て駄菓子で構成された昼食に、燈治は呆れる。
 仕方ないんですよ、と口を尖らせ七代は力無い声で反論した。
「今、欲しいものがあって、それがとても高いから……」
「だからって食いもん我慢してまで金を貯めるかよ、この馬鹿」
「こっちは真剣なんです。洞探索を有利にするためなんですから。馬鹿馬鹿連呼しないでくださいよ」
「馬鹿に馬鹿って言って何が悪いんだよ、馬鹿」
「…………」
 恨めしそうに睨む七代に、しょうがねえな、と燈治が溜息をついた。持っていたパンを一口大にちぎり、七代の口許へ運ぶ。
「食えよ。少なくとも駄菓子よりは腹の足しになるだろ」
「……ありがと」
 七代は口を開けて、燈治が持ったままのパンを食べた。甘い味が、口に広がっていく。
「メロンパン。甘いの苦手じゃないんだっけ?」
「今日は出遅れて欲しかったのが買えなかったんだよ。ほら、口開けろ。もうちょっとやるから」
 またちぎられたメロンパンが七代の口許に寄せられる。最初よりも大きくちぎられたそれを、七代はさっきより大きく口を開けて――。
「っておい、俺の指まで食うなっ!」
「指まで甘いですねぇ」
「メロンパン持ってんだから当たり前だろ。ほら今度は食うなよ」
「はーい」


「…………」
「どうしたの、巴?」
 固まる巴に、弥紀が不安そうに言った。
「う、ううん、何でもないわ」
 不思議そうに尋ねる弥紀に慌てて首を振り、そして小さな声で呟く。
「私は何も見てないわよ。何も」
 弥紀からは見えない位置だったのがせめてもの救いか。この純真な親友に後ろで起きてるやり取りなんて見せたくない。ついでに自分もなかったことにしたい。
 でも燈治はそのまま手渡せば済むメロンパンをわざわざちぎって食べさせて。浮かべる表情も甘ったるいことこの上ない。
「まったく……やるんだったら、人目のないところでやってちょうだい」
「…………?」
 頭を押さえてぼやく巴に、弥紀が首を傾げた。


特記事項 二人とも素でやってます

拍手[10回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]