忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 公園でぼおっと雉明はベンチに座っていた。うららかな春の陽気を体に受け、桜を眺める。風が吹くたびはらはらと舞い落ちる桃色の花弁がとても綺麗だった。
「ただいま」と公園に雉明を待たせていた七代が駆け足で戻ってきた。両手に、何やら持っている。
「おかえり、七代」
「雉明は辛いの平気ですか?」
 唐突に聞かれ、雉明は切れた息を整えている七代をきょとんと見上げる。
「からい……大丈夫だと、思う」
「そうですか。じゃあ、これどうぞ」
 そう言って雉明は七代から紙の包みをもらった。両手に収まりそうな大きさで、ほんのり熱い。
「カレーパンなんです。カルさんの試作品で、おれはお得意様だから特別よー、って」
「カレーパンなら、壇に渡すべきではないんだろうか」
 雉明はよく学校の屋上で昼食をとっていた燈治の姿を思い浮かべた。彼はとても高い確率で、今雉明が持っているようなカレーパンを食べていた。聞けば、大好物だと快活に笑っていた。だからこれは自分よりも壇にあげるべきなんじゃないかと雉明は考える。
「壇はどうせ後でいやっていうほど食べるんですから、ちょっとぐらい遅れたって構いやしませんよ」
 七代は悪戯っ子のようにくすくす笑い「ほら、食べないとさめちゃいますよ」と雉明をせかした。そして自分の手に残っていた包みを開き、出てきたカレーパンを一口かじる。
 雉明は七代に倣い、包みを開いて同じように食べてみた。
「……おいしい、な」
 少し辛めだが、それが旨みを引き出している。燈治が好むのもよくわかった。
「おいしいですね。これはカルさんにすぐ店でも出してくれるように言わないと」
「ありがとう七代。いつも君はおれによくしてくれる」
「いやだな、お礼だなんて。それによくするのは当たり前じゃないですか」
 あっという間にカレーパンを平らげた七代は、にっこりと笑った。
「おれにとって、雉明は大切なんですから」
「大切」
「そう、だから喜んでもらいたいし、どんな些細なことでもいい幸せになってもらいたい。そう思うのは間違いじゃないと思うんです」
「わかる気がする」
 雉明も七代に対して同じようなことを思っている。呪言花札の執行者としていらない重荷を背負わせ、辛い目に合わせてしまった。だからこれからは、その辛さなどなくなってしまうほどに幸せであってもらいたいと思う。
「あ、しまった」
 残った紙の包みを握りつぶしていた七代が、困ったような声を上げる。
「どうしたんだ七代」
「これぎゅってしたら、袋の油が手についてしまって、ポケットのものが取れないんだ。雉明、悪いけどおれの代わりに取ってくれないか?」
 視線で上着のポケットを見つめる。雉明は「わかった」と言われるがままポケットに手を入れる。そうして取り出したのはやっぱり紙の包みだった。しかし今度は綺麗に和紙で包装されている。
「これをどうしたらいい?」
「それは雉明のものですよ」
「……え?」
「今日は雉明の誕生日でしょう? だからプレゼントです」
「おれに……」
 雉明はまじまじと七代からの贈り物を見つめた。
 七代が満面の笑みで「誕生日おめでとう」と心からの言葉を贈る。
「君はずるいな……七代」
 雉明も微笑みそっと贈り物を握りしめた。
「おればっかり幸せにしてくれる。おれだって君を幸せにしたいのに」
「じゃあ、今度のおれの誕生日、雉明のプレゼント期待してますね」
 わかった、と雉明はうなずく。
 幸せとはこういうことを言うのだなと、胸に宿った温かさを感じる雉明の頬を春風がそっと優しく撫でていった。



雉明誕生日おめでとう!!!

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]