忍者ブログ
小話色々。只今つり球アキハルを多く投下中です、その他デビサバ2ジュンゴ主、ものはら壇主、ぺよん花主などなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 物欲しそうな目をしていたので、俺は七代にキスをした
。首をさっと屈め、すぐ隣にいる七代の唇に自分のを合わせる。
 何のことはない、ただ触れて離れただけの軽いやつだ。だが、そんな生やさしい接触に七代は「いっ、いきなりなにするんですかっ」と赤くなった顔で唇を隠した。
「不意打ちなんて……卑怯ですよっ。卑怯なのは壇嫌いなんでしょう」
「……確かに卑怯は嫌いだけどよ」
 何事にも例外があって、俺にとっては七代に不意打ちで触れることがそれに当たる。理由を聞かれたら、そりゃ七代の反応が見ていて面白いからだ、と答えるだろう。
 いや面白い、と言うのも語弊がある。面白い、と言うより、かわいい、方がもっと近い表現か。
 とにかく見ているだけで俺はたまらない気持ちになってしまう。七代は「不意打ち卑怯」と怒っても、またやりたくなってしまうのだ。
 俺は意地の悪さを含んで笑い「じゃあちゃんと宣言すればやってもいいんだな」と言った。七代の側にある腕を上げ、きょとんと目を丸くした相棒の頬に掌を這わせる。
「――ヤらせろ」
「……っ!?」
 正々堂々としたいことを宣言したら、七代の顔がさらに赤くなった。びっくりして全身の毛を逆立てた猫のように身体が固まり、後ずさりして俺から逃げる。
 置いてきぼりにされた手を戻し「ちゃんと正直に言っただろ」と俺は言った。
「ろ、露骨すぎるんですよっ! は、は、恥ずかしいっ」
 壁に背をぶつけて止まった七代は「昔の壇はどこ言っちゃったんですかね、本当に……。会ったときはひっついたらすぐに逃げる子だったのに」と俺を警戒する目つきで睨んだ。
「お前がそうさせたんだろ。昔も、今も」
 俺は腰を浮かし膝立ちで七代に近づいた。
 七代は俺の粗暴じみた挙動にも、周りのくだらない噂にも構わず近づいてきた。それに絆され七代の隣に居場所を見いだした俺は今、自分から距離を縮める。
 どっちも七代がいるからこそ、起きていることだ。
「責任をとれ、とは言わねえが」
 あっと言う間に距離を詰めた俺は床に手を突き、七代に顔を近づけた。
「受け入れるぐらいは出来るだろ」
 言ってまたキスをする。今度は触れるだけじゃなく、七代の口の中へ舌を入れた。
 七代の肩がびくんと跳ねる。だけど俺はまた逃げられても困るので、右手で奴の左肩を掴んだ。
 キスを深くしながら、掴んでいた七代の肩を引き寄せ、座りなおした俺の胸の中へと閉じこめる。その弾みで唇が離れ「……んっ」と七代から悩ましい声が漏れる。エロい。
 抱きしめる背中に力を込め「ま、手加減してやるからよ」と譲歩を口にするが、返ってきたのは「壇の手加減は信用ならない」という七代の呆れだった。でも受け入れてはくれるんだろう。もう七代から、逃げる素振りは全く見られない。
「せめて終わっても歩けるぐらいには優しくしてくださいよ」
 ふてくされて言う七代に、俺は破顔した。
「わかってるっつーの。優しくしてやるって」
 多分。そう心の中で付け加え、俺は七代を床に寝かせる。結構な確率で無茶をしてしまうのは、何となく目に見えていたからだ。こいつがエロいのが悪い。
 それを言ったら七代は怒るだろうけど、事実なのだから否定はしない。
 さて、どこまで手加減できるか。自分自身に賭けをするような気持ちで、俺は七代の服のボタンを外した。


拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
千早
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]